男性ホルモンの分泌をコントロールすることで髪が増えます

自毛か人工毛か

男性の多くが抱える悩みの一つが薄毛や脱毛です。薄毛や脱毛は様々な治療方法や解消方法があります。その中には、植毛で髪の毛を増やす方法がいくつか存在します。それは、自毛植毛と呼ばれる自分自身の後頭部周辺に髪の毛を移植する方法と、人工で作られた髪の毛を使い移植する人工植毛があります。どちらも、メリットや注意点がありますから、どの方法が自分に合っているのか
比較することが大切です。

自毛植毛にはいくつかのメリットがあります。正確な手術を受ければ、ずっと自分自身の髪の毛が薄毛や脱毛の部分に生えてくるということが一番の魅力です。一度、手術を受け成功すれば、お手入れなどをしなくていいことから、お手入れに必要な時間も省くことが出来ます。また、一度の手術を受けさえすれば、それ以上の費用を必要としません。生活に大きな出費をし続けないことが言えます。さらに、昔は手術などを行う際に、人間の髪の毛を使用していたという話があります。ですから、髪の毛は、安全性があり安心してして植毛が行なえます。しかし、注意点があります。最初、自毛を取り付けた後は、抜け落ちます。その後に、半年や一年をかけ効果が現れるようです。

人工植毛のメリットは、人工で作られたグラフトを使用することから、生まれつき髪の量が少ないという人にも行うことが可能です。手術後は、初めからから思い通りの髪を手に入れることが出来き、手術に必要とする時間も短い期間で仕上げることが出来ます。しかし、人工の毛はすぐ抜け落ちてしまうことから、一年で半分ほど抜け落ちてしまうようです。ですから、何度も繰り返してお手入れをしなくてはなりません。どの方法で手術を行うかは、予算なども含めて慎重に決めましょう。