男性ホルモンの分泌をコントロールすることで髪が増えます

治療で解消が出来ます

気になったらまずは病院へ

薄毛や抜け毛に悩む男性は非常に多いです。 前髪の生え際がせり上がっていったり、頭頂部が薄くなる脱毛症を男性型脱毛症(AGA)と呼ぶのですが、このAGAは治療が可能です。 AGA治療は皮膚科や専門の美容皮膚科などのクリニックで行われていますが、この治療は主に服薬が基本です。 抜け毛の原因となっている還元酵素の働きをブロックするフィナステリドを有効成分としたプロペシアの服用により、抜け毛を抑えて今まで抜けていた髪を太く成長させるというものです。 このAGA治療は出来るだけ早い段階で治療を開始する事でより高い効果を得る事が可能です。 なので、抜け毛や薄毛が気になった場合はまずは病院に行って相談し、治療を開始するかどうかを決める事が大切なのです。

様々なAGA治療について

AGA治療の治療はプロペシアの服用を基本に、場合によってはミノキシジルの塗布などをセットに行うという方法が主流です。 しかし、最近ではこの基本の方法以外にも様々な方法によるAGA治療が行われているのです。 よく行われている方法としては、注射や点滴です。 育毛効果の高い成分などを直接注射したり、頭皮の毛根を活性化させる成分を直接注射するなどといった方法が人気です。 また、毛根を活性化させるレーザーを頭皮に照射するという方法や、鍼などによる治療も人気が高いです。 基本のAGA治療で満足しきれないという場合や、より早い高い効果を得たいなどという場合に基本のAGA治療とこれらの方法を複合すると言うのが今のAGA治療のトレンドです。